北海道

2010年12月 2日 (木)

積丹

Img_3681

新鮮な海の幸を求めて積丹へ訪れました。

初日から山地ばかりが多かったので、突然目の前に開けた景色は圧巻でした。

どこまでも続く海。地元の海は瀬戸内海だからあまり目にする事のない水平線は新鮮でした。

Img_3680

Img_3678

せっかく、ここまで来たからには旬のごちそうを食さねばsign03

アワビとホタテのどんぶり。

一切れ、一切れが大きくて、分厚いshine

甘みと歯ごたえ。どちらも文句なく美味しかったですhappy02

Img_3675

Img_3669

ローソクの形に見える岩。

前にtvで天然のキャンドルに灯が灯る瞬間って、夕日が重なってた光景を見た事があったけど、ここの事だったのかな?

   

| | コメント (2)

2010年11月28日 (日)

ニッカウイスキー余市蒸留所②

Img_3661

赤い三角屋根の塔が広大な土地で、一際目に付きました。

建物の中の写真もsign03と思っていたのですが、最初の段階であまりのアルコール臭に早々諦めました。ウイスキーは苦手な部類だしthink

でも、売店で売っていたウイスキーソフトクリームはとっても美味しかったhappy02

Img_3666

蔦が壁一面に多い茂っている光景が素敵だったのと、手前にあるレトロな消火栓がいい感じshine

Img_3668

丸みを帯びたフォルムが可愛らしい。

今は使われてないのかな・・・多分。

Img_3667

施設内を見学して、今度は近くにある余市ワインの販売所へ移動rvcar

試飲も出来るらしいので、期待に胸を弾ませながら向かいました。

ナイアガラという品種をワインにしたものを試飲させてもらったら、スイートでフルーティーな香りも素晴らしく、即買いしましたshine

ハーフサイズのボトルを買って帰って、この間飲みきってしまったんですが。あまりの美味しさにフルボトルでかっとけば良かったなぁ~と後悔中。通販も取り扱ってるみたいなので、今度お取り寄せしてみようかな。

最近は梅酒に嵌ってたんですが、ナイアガラワインでちょっとワインの波が来てます。

ここで食べたワインソフトも美味しかったhappy01   

| | コメント (4)

ニッカウイスキー余市蒸留所

Img_3662 

3日目。小樽から余市へ移動し、まずニッカウイスキー余市蒸留所を見学。

Img_3663

施設内は広く、歴史の重みを感じる建物も多く現存していて、様々な四季に訪れても楽しそうな魅力を感じる場所でした。

Img_3658

旧竹鶴邸。

ニッカウイスキー創業直後の竹鶴夫妻の住居として工場内に建築されていた。

当時としては珍しい和洋折衷の間取りや様式を取り入れた邸宅。

Img_3659

| | コメント (2)

2010年11月26日 (金)

小樽運河

Img_3642

Img_3643

やっぱり夜の方が断然華やかになりますねshine

でも半日観光で十分楽しめるコースでもあるので、昼間あんなに大勢いた観光客は減ってしまって夜は閑散としていました。

Img_3645

Img_3648   

| | コメント (2)

小樽②

Img_3624

旧三井銀行小樽支店。

正面の窓が5つのアーチになっているのが特徴的。

Img_3639

日本銀行旧小樽支店 金融資料館。

こちらも素晴らしい外観。この近辺には、多くの金融機関が当時立ち並び資料館として現存していたり、レストランやホテルとして再利用されているので、次訪れる機会があれば是非とも立ち寄って見学してみたいなぁ。

Img_3641

綺麗な満月と、月明かりで照らされたうろこ雲が綺麗。

個人的に気に入っている一枚ですhappy01

Img_3627

再び堺町通りへ戻り、散策していると・・・

大きなレンガ倉庫を改装した建物と、その前にある大きな木に目を奪われました。

枝にガラス玉が無数についていて、それらがキラキラ光ってとても綺麗でアート作品のようshine

プリズムを弾く枝にレンズを寄せてみたのですが、残念ながら後で確認すると没ばかりでした・・・bearing

あ、このお店の裏手で素敵なかんざしを1個買いましたshine

真っ赤のガラス玉が凄く素敵かんざしです。

   

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

小樽

Img_3590

登別からrvcarで1時間30分くらいだったかな。

小樽は大正時代のレトロな建物が沢山残っててノスタルジックな雰囲気が素敵でした。

お世話になるお宿『小樽ふる川』でチェックインを済ませ、すぐ目の前に広がる小樽運河を見学しました。

思っていた以上に規模が小さくて、昼間はなんて事ない印象を受けましたが・・・ここは夜に期待を馳せて堺町通りを散策にsign03

Img_3591_2

Img_3594

レンガ倉庫を改装して立ち並ぶ六花亭と北菓楼。

三角屋根の外観がとても可愛いheart01

六花亭でバターサンド、北菓楼でバームクーヘン『森の妖精』を購入しましたnote

バームクーヘンは生憎売り切れだったのでお取り寄せに。

届いたのを食べてみたら、しっとりしててメープルシロップの味が染み込んでてとっても美味しかったですshine

Img_3596

他に、北のウォール街と称される通りも探索しました。

昼間はあまりにさくさく歩き過ぎてた為、写真を撮り忘れていたことが帰ってから判明しちょっと心残りかな。

   

| | コメント (0)

登別温泉 地獄谷

Img_3589

2日目は登別から小樽へと向かうプラン。

午前中にホテルを出て、すぐ傍にある地獄谷へ寄ってみました。

ここもmapleスポットとして有名な場所でしたが、少し時期が遅かったかなsmile

左奥に見える遊歩道を進んでいくと7色に湯の色が変わる『大正地獄』が目にできたらしいです・・・。

20分くらい歩かないといけないみたいだったので、早々に諦めて次の目的地、小樽へと向かいました。この日は日中上着いらなくても平気で過ごせるくらいsun良かったですhappy01

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

三階滝

Img_3584

支笏湖から少し移動して滝を見に行きました。

時刻は夕方だったのと、山の中に移動したので空気がとてもひんやりbearing

滝周辺は公園になっていて、parkingから滝方面に歩いていくと水の音が轟いてきます。

落差はない滝だったけど、ダイナミックさを体感しました。

水辺ということもあって、急に体感温度もdownってきたので早々に次の目的地に移動。

1日目のお宿は登別、第一滝本。

峠を越えて登別へ向かったのですが、すっかり日も暮れてしまい夜の峠越えは大変スリリングなものでしたshock

私が運転したわけじゃないけど、それでも怖かった。

だって、かなりの秘境だったんですあそこ。

| | コメント (0)

支笏湖

Img_3578

10月21日~24日で秋の北海道を満喫してきましたhappy01

sunにも恵まれ、とても良い観光日和でした。北海道って大自然に恵まれてて旅の開放感は格別な感じがします。紅葉の時期は10月中旬がピークだったので、若干遅かった感もあったけど綺麗な景色を楽しみました。

千歳に着いて、1日目は洞爺、登別へrvcar

まずは千歳空港からrvcarで30分くらいの所にある支笏湖へ移動。

支笏洞爺国立公園内にある湖で、道中北海道ならではの景色にテンションは急上昇でしたnote

Img_3574

Img_3576

このまま先に進むと森林浴ができそう。

緑に日光があたって葉の透け具合が綺麗でした。

Img_3580

Img_3581

もう一週間早ければ賑わってたのかな?

ちょっと閑散としてて寂しかったです。

   

| | コメント (1)