« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

サン・トロフィーム教会②

Img_5012

教会の中は静寂に包まれていました。

ファサードの凝りように比べたら中は地味だったり・・・

Img_5013

Img_5017

差し込む光が強過ぎて上手く写せなかったけど、ステンドガラスがとても綺麗でした。

Img_5021   

| | コメント (2)

サン・トロフィーム教会

Img_4966

プロヴァンス地方で最も美しいロマネスク教会のひとつ。

ファサードの半円アーチを描く部分は『最後の審判』の図が描かれており、壁や柱に施された細やかな彫刻も見事でしたshine

回廊も見事だったのに、すっかり見落としてたーcrying

Img_4969

Img_4970   

| | コメント (0)

アルル④

Img_4962

Img_4964

Img_4965

レピュブリック広場。

オベリスクの奥にある建物は市庁舎。

Img_5023

Img_4972

メインの通りを外れると、道は入り組み狭いので添乗員さんを見失わないようにするのに一苦労。この日も歩くの早くて後ろは基本、気にしてませんsmile

     

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

アルル③

Img_5004

『アルルの病院の庭』精神状態が不安定だったゴッホが入院していた病院の中庭は、この絵をもとに復元されており最初に目に飛び込んだ瞬間、楽園を感じました。

現在は病院ではなく、エスパス・ヴァン・ゴッホと改名し図書館や翻訳学校などがある。

ここで記念にVan Goghの(海外ではこう記されていることが多いそうです)絵葉書を数枚買って部屋に飾ってます。

最近、絵画芸術がマイブームになっているので色々美術館巡りもしてみたいな。

Img_5011

Img_5010

Img_5006

正面はどうってことない建物・・・

つか、ここがそうだと分かりづらいですsmile

Img_5008 

| | コメント (4)

アルル②

Img_4977

『夜のカフェテラス』に描かれた場所はフォーロム広場にある黄色い日差しよけが目印のカフェ。

夜の雰囲気も見てみたかったな。

Img_4981 

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

アルル

Img_4953

観光2日目は、モナコからアルルへと移動。

アルルはゴッホとも深い所縁のある地であり、数多くの作品を描いている。

『跳ね橋』のモデルになった場所にも実際訪れるコースだったので移動中かなり楽しみでもあった。

橋の前にはパネルが置かれてあり、当時の風景と比較することもできる。

Img_4961

橋だけ撮っても、何となく面白みに欠け周囲を探していると小さな草花がぽつぽつと咲き始めていた。フレームを覗くと、陽光が差し込み花弁が透け綺麗shine

もっと形良く咲いている花を探す時間がなかったのが残念。

Img_4955

Img_4947

跳ね橋から反対方向を眺めると、のどかな田舎の風景が広がっていて凄く良かったです。   

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

ミぜリコルド礼拝堂

Img_4913

外観は路地が狭過ぎて断念。

外観より内部のバロック装飾が見事でしたshine

クーポラの天窓から差し込む光がまた一段と荘厳な雰囲気を作り出してて、光に照らされた宗教画に目を奪われました。

Img_4916

主祭壇。

Img_4914

Img_4915

地元の信者さんかな。

物思いに耽っていました。

結構礼拝堂の中は涼しくて、暫く座ってぼんやりとしていましたが。それだけでも心が落ち着きます。

Img_4912 

| | コメント (0)

ニース旧市街

Img_4908

サレヤ広場から近くに礼拝堂があると添乗員さんに聞いたので行ってみる事に・・・

建物がひしめき合い、目指す礼拝堂の尖塔や鐘も分からず地図を頼りに進んでみた。

Img_4917

この時間帯はとにかく暑かったbearing

こうした日陰があるとありがたい。

Img_4918

Img_4919

素敵なワインショップを見かけたので一枚パチリcamera

   

| | コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

ニース②

Img_4904

オペラ座

パリやモナコの外観に比べれば、華やかさに少し欠ける気もしますが細やかな装飾が

どこか可愛らしい。

Img_4920

裁判所

Img_4922

Img_4921

   

| | コメント (0)

ニース

Img_4896

陽光降り注ぐリヴィエラの女王と称されるだけあって、コートダジュールの中心地ニースのビーチも大変美しかったです。

何年も海で泳いでないけど、この紺碧の海岸と南国溢れるムードの中にいると泳いでみたくなりました。

Img_4900

プロムナード・デザングレ

海岸に沿った大通りで、ここのホテルからの眺めは最高だろうな。

どれも高級リゾートホテルが立ち並んでいるそうですsmile

Img_4898

ビーチにやってきたガールズたち。

真ん中のワンピースの人、素敵ですlovely 

Img_4901

天使の湾と呼ばれ、多くの画家を魅了したニースの海岸線。

Img_4905

 

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

ニーチェの道

Img_4894

哲学者ニーチェが『ツァラトゥストラはかく語りき』の構想を練った山道。

海の青と木々の緑がとても素晴らしいとガイドブックに載っていたので、時間があったら少し散策してみたかったけど時間もなく、帰り道にちらりと眺めただけでした・・・gawk

Img_4895 

| | コメント (0)

エズ庭園

Img_4865

村から更に高台にある熱帯庭園。

なんでサボテン???と思ったけど景色に合っていました。

有料だったけど、5ユーロだったし。

この絶景拝めたから頑張って登った価値ありでした。

Img_4876

ELLE8月号にも、この地方の特集が組まれてて懐かしさも兼ねて即買いsign01

コート・ダジュールの海岸線が一望shine

Img_4873

Img_4879

でも、ここで体力消耗した代償は大きかったです・・・down

Img_4878

こんなに切り立った地形の上にあるんですよ~。

水の供給も大変だったろうに、当時の人達はこうした所に多く村を作ったそうです。

水周りの多い場所だと、どうしても疫病が逸ってしまって長年悩まされた経験からなんですって。

    

| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

エズ②

Img_4869

Img_4871

小さな村だから地図がなくても1~2あれば大体網羅できる感じ。

あくまで気温とアップダウンが激しくなければ・・・の話ですがsmile

Img_4888

陽光にきらめく新緑が眩しい。

Img_4893   

| | コメント (0)

エズ

Img_4886

以前、世界の絶景ランキングで紹介されていたのを見た時から行ってみたかった鷲の巣村。

海と山の間に浮かぶ小さな村は、メルヘンで可愛らしかったです。

Img_4885

Img_4864

Img_4863

でも、切り立った崖の上につくられているからアップダウンが激しい。

しかも、どんどん気温は上昇を続け体力を容赦なく奪われるbearing

   

| | コメント (4)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »